KIYONO日記

初心者が副収入を手に入れられるのか?を検証していきます。

【有料級】就職&転職を絶対に一撃で決める方法

f:id:nimitzkiyonoshota:20220113001143j:plain

 

こんにちわ!

今回は真面目なブログになります。

転職で悩んでいる人は絶対に読んで欲しいです。

ポイント準備の仕方などを詳しく書いていきます。

転職について不安な方は是非、中堅の方も初心者になったつもりで見てください。

 

内容は割と長いのですが、濃いです。

必ず有益な内容なので是非見てください。

新卒就活ならキャリアパーク就職エージェント がオススメです。

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

初めに

転職が初めてな方、うまくいかない方、

不安なことがあるでしょう。お気持ち本当に分かります。

今回は読みやすい様、ポイントを箇条書きで書いていきます。

 

ニュースでは就職内定率が厳しいことに最も低い率とのことであるが、

けれども、そんな就職市場でもしっかりと合格通知を掴み取っているという人がいるのです。

内定がもらえる人ともらえない人の決定的な違いは果たして何なのでしょう???

 

なるべく早いうちに中堅社員を雇いたいと考えている企業は、

内定通知後の返事までの時間を短い間に決めているのが一般的なケースです。

 

(1)

大抵最終面接の局面で尋ねられるのは、

過去の個人面接で既に問われたことと二重になってしまいますが、

志望したきっかけ」というのが有力みたいです。

 

(2)

仕事上のことで何か話す都度、

少し曖昧な感じで「一体どういうことを考えているか」というだけではなく、

おまけに現実的な例を取り混ぜて申し述べるようにしたらよい。

 

(3)

厳しい圧迫面接で厳しい問いかけをされた際に、思わず怒る方もいるでしょう。

それは分かりますが、思ったままを秘めておくのは常識ある社会人としての当たり前のことです

 

(4)

外国資本の企業の勤め先で要求されるビジネスマナーや仕事上のスキルは、

日本において社会人として追及される物腰や社会人経験の枠を

とても大きく超越していることが多い。

 

(5)

例えば、運送の仕事の面接の場合せっかくの簿記の1級の資格についてアピールしても

全然評価の対象にならない。逆に事務職の試験のときには、

即戦力がある人材として評価してもらえる。

 

(6)

【応募する人のために】電話応対であっても大切な面接試験のうちだと

認識して対応するべきです。しかし逆に見れば、

採用担当者との電話対応であったり電話内容のマナーがよいとされれば

そのことで評価が高くなるわけです。

 

(7)

苦しい状況に陥っても最優先なのは自分を疑わない強い気持ちです。

きっと内定を貰えると信頼して、あなたの特別な人生を精力的に踏み出していきましょう。

 

(8)

自己判断をするような場合の意識しなければならない所としては、

曖昧な表現を使用しないようにすることです。抽象的すぎる記述では、

採用担当者を説得することは困難なのです。

 

(9)

自己判断をするような場合の意識しなければならない所としては、

曖昧な表現を使用しないようにすることです。抽象的すぎる記述では、

採用担当者を説得することは困難なのです。

 

(10)

「裏表なく本音を言うと、商売替えを決心した最大の要因は収入の多さです。」

こんな事例も多くあります。ある会社の営業を担当していた中堅男性社員の例です。

 

(11)

実は、就活のときには、ぜひ自己分析(自己理解)を経験しておくほうが後で役に立つと

聞いて実行してみた。しかし、はっきり言って聞いた話とは違って

全然役に立たなかったとされている。

 

(12)

「自分が今に至るまで生育してきた固有の能力や才能を有効活用してこの仕事に役立ちたい」

という風に今までの自分と関連づけて、話し相手にも妥当性をもって理解されます。

 

転職の注意点

転職活動を始めたことによってかえって現在勤務している会社が良く見えてくるなど、転職活動によって現職場の見え方が変わる場合があります。

 

そうした場合は一度「転職する」という目標を捨て、

自分が本当に今の会社から離れる理由があるのかどうか、

立ち止まって考える必要があります。

 

その結果、「辞めない」という選択肢を取ることが

その時の最善である可能性も出るかもしれません。

 

転職活動は社内の人に内緒で行いましょう。

転職活動をしているということが社内で噂になった場合、

あなたはとても気まずい思いをしますし、

転職活動をやめて現職場に残ることになった場合は、

居づらさがずっと続くことになってしまうかもしれません。

職場の人に伝えるのは、転職先から内定を頂いた後、

直属の上司から順に伝えていきましょう。

 

入社日が決定したら、その入社日の前日を退職日に設定することをおすすめします。

何故なら、入社日と退職日の間に1日でも期間が空くことで、

健康保険や年金の手続きを自分で完結させなければならなくなってしまうからです。

 

手続き関係で不安がある方は、

転職エージェントなどに相談しながら転職活動を進めることをおすすめします。

転職エージェントはあなたの転職活動や、

退職に関することを手厚くサポートしてくれます。

無料で登録できるため、転職・退職手続きに不安がある方は、

一度登録してみてはいかがでしょうか?

年齢

特に未経験職種の場合には、年齢が上がってくると敬遠される場合があります。

職種によって壁になる年齢は異なりますが、その年齢に差しかかる時期より前には、

早めに動きましょう。たとえば「35歳まで」という募集であれば、

34歳の人は早めに動く必要があります。

また、転職者が比較的多い、第二新卒と30代の場合、

年齢だけでなく以下の点にも注意しましょう。

第二新卒の場合

キャリアが浅い場合には「第二新卒」とみなされます。

第二新卒でも歓迎する職種はありますが、

まだまだ時期尚早として転職にはふさわしくないとも考えられます。

一定の勤続経験をしたあとに転職を検討したほうがいい場合もあります。

30代の場合

35歳までが転職適齢期だと言われていたときがありましたが、近年は30代であっても募集職種によっては転職の機会が十分にあります。
即戦力を求めているケースが多いので、希望職種の動向をチェックして、いつでも転職できるように準備をしておきましょう。

マネジメント職や金融専門職など、求められる経験やスキルが高度な職種に関しては、ある程度年齢を重ねても転職の機会はありますので、キャリアコンサルタントなどの専門家に相談するなどして転職の時期を決めるのがおすすめです。

 

転職を絶対に一撃で決める方法

転職者の採用に一番影響をあたえるのは「職歴」「技能」「実績」「好感度」のうち、好感度が一番影響を与えていました。

転職者ですらそうなのですから、抽象的な判断指標しかない日本企業の新卒採用面接では、よりその傾向が高いです。

面接に受かる人は、自然に面接官との会話を楽しみ、自然にアピールができている人が多い。一方で、落ちてしまう人は「アピールしなきゃ」と意気込みすぎて、質問にしっかり答えないまま自己PRに会話を方向付けていたり…という傾向があります。

面接で大事なのは、実力よりも好感度。相手との会話を楽しむつもりで面接にのぞみましょう。媚びるようで嫌かもしれませんが、相手や相手の会社を褒めてみるのも手です。

面接に「受かる人」と「受からない人」の違いは「準備」をしているかどうか。

面接に受かる人はただ「学歴が良いから」、「容姿がいいから」、「経験があるから」、「資格を持っているから」だと思っていませんか?

確かにそれらも個人の努力の賜物といえる大切な要素ではありますが

絶対的条件ではありません。

それら全てを持ってる人の中で合格する人もいればしないひとも山ほど居ます。

面接に「受かる人」になるには、面接への「準備」が必要なのです。何故その会社でないとダメなのか、自分はどんな人であるのか、思いを伝えアピールできるのは面接の短い時間の中だけです。

「準備」とは具体的に、企業研究や自己分析を重ね、実際の面接のイメージして備えることです。ただその場の考えや思いつきで質問に答えるのではなく、会社の方針や自分の強みと紐付けて意見を述べることができればより説得力がある話になるでしょう。

 

面接では短い時間の中で全てが判断される為、「印象」は非常に重要です。すぐに使える面接で印象をグッと良くするコツをご紹介します

面接の中で実行することももちろん大切ですが、できれば明日から、日常生活の中で意識していくと自然と身に付き、尚良いです。自然に実践できればどんな人との関係や面接も、良い方向に転がるに違いないでしょう。

 

1 身だしなみをしっかり、口角を上げる

2 背筋を伸ばしおなかから声を出す

3 会話のキャッチボールを心がける

4 自己分析、企業分析、面接練習を怠らない

5 結論→理由→事例の順に話す

 

この五点を踏まえた上で

相手に印象をよく見せる様にするにはどうしたらいいか?を

考えられる様になれたらきっと、自己分析が得意になり、

スムーズに面接を迎えられるでしょう。

 

 

転職先について

貴方が転職を考えていて、何をしたいでしょうか?
今と同じ職種か、違う職種なのか。

まず男女問わず人気な職種をピックアップしました。

 

      1. Webライター
      2. Webデザイナー
      3. プログラマー
      4. システムエンジニア
      5. 日本語教師
      6. 看護師
      7. 歯科助手
      8. 介護福祉士
      9. 介護事務
      10. 薬剤師
      11. 調剤薬局事務

あなたが求めている職種は何でしょうか?

これは大前提ですが、面接対策を怠ってはいけません。

「自己分析や企業分析は出来ているし、大丈夫だろう」

と思っていても、いざ転職先企業との面接でしっかりと、

思いを伝えることが出来るとは限りません。

 

自分の話したい内容はしっかりと要点をまとめ、

相手が聞きやすい形で話すことが大切です。

例えば、「結論を最初に伝え、その後に裏付けとなる話をする」など、

相手が聞きやすい順番で話すことも心掛けましょう。

 

なお、転職エージェントは無料で模擬面接を行ってくれます。

面接練習をしっかりと行いたい人は、登録するのがオススメです。

ただ無闇やたらに転職サイトを漁るのではなく、

職種に特化した転職サイトを利用すべきだと思います。

職種によっても詳細なスキルがあったりしますよね?

「絶対プログラマーになるんだ!」って思ってみた転職サイトに

看護や接客の情報とか出てきても絶対見ないですよね?

 

そしていちいち色んな職種が入ってる中でやりたい仕事を探すの面倒ですよね・・・

 

なので今回下記に職種に合わせた

転職サイトをピックアップしてみました

バナーで見やすく情報も入っているのでクリックして

まずはサイトチェックしてください。

 

 

 

 

 

GEEK JOB(プログラマー

 

株式会社アーシャルデザイン(アスリート特化)

 

 

ボスアーキテクト株式会社(エンジニア)

 

株式会社グラントホープ(Web・IT)

 

株式会社AXIS(薬剤師)

 

マイナビ薬剤師(薬剤師)

 

マイナビスタッフ(派遣)

 

INTLOOP株式会社(コンサルタント

 

転職DRAFT(エンジニア)

 

イフ(障がい者特化)

 

 

LECT_Satellite株式会社(人材マッチングサービス)

 

株式会社ネオキャリア(オールジャンル)

 

株式会社エングラム(介護)

 

MAP株式会社(医療)

 

株式会社カスタマ(看護師)

 

日総工産株式会社(工場)

 

面接に受かる人と落ちる人の本質的な違いはありません。

本質的な違いがないということは、上で紹介してきた「準備」をするかしないか、すなわち面接の合否は自分次第だと思います。

貴方ならきっと大丈夫。

自信を持って転職活動をしてください!
少しでも貴方のお役に立ちますように!